上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
CIMG4464.jpg

高桐院(こうとういん)は京都府京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派大本山大徳寺の塔頭のひとつである。開基(創立者)は細川忠興(三斎)、開山(初代住職)は玉甫紹(ぎょくほじょうそう)である。

戦国時代に智将として名を馳せ、茶人としては利休七哲の1人として知られる細川忠興(三斎)が叔父で父細川藤孝(幽斎)の弟にあたる玉甫紹(ぎょくほじょうそう)を開山として慶長7年(1602年)創建する。

正保2年(1645年)に83歳で没した忠興は、遺言によりその遺歯が高桐院に埋葬され、以後細川家の菩提寺として庇護される。

CIMG4433.jpg

CIMG4440.jpg

CIMG4441.jpg

CIMG4442.jpg

CIMG4446.jpg

CIMG4451.jpg

CIMG4453.jpg

CIMG4462.jpg

CIMG4459.jpg

紅葉の有名スポットだけあって、ここは人多かったです
ただ今年の京都の紅葉はやや不良と言われているように、ここ高桐院も例年より赤みが少ないように感じました。
明日からの3連休、もっともっと人は増えそうです!
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
旬の花時計

Copyright ©     . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。